高周波基板の設計・開発・製作におけるEMCによるトラブルを最小限に抑え、設計通りの高周波特性を実現する回路技術者様のための総合技術サイト











信号の速度について
信号の損失について
高周波回路としての精度の重要性


FR-4
テフロン基板
セラミック基板



ノイズの発生を抑えるためのプリント基板設計のポイント
高周波特性向上のためのプリント設計のポイント
品質向上のためのプリント基板設計のポイント









基板内に配置するRFコネクタはケーブルの引き回しに注意する



プリント基板上にRF信号のコネクタを配置する場合は、周囲の部品やケーブルの引き回しに注意する必要があります。上記の配置ではケーブルを布線すると部品の上に掛かったり、あるいは急な曲げが必要になり、最適な部品配置とは言えません。




プリント基板上にRF信号のコネクタを配置する場合には、RF周囲の部品や筐体などを十分考慮の上、位置や向きを検討することが肝要です。高周波回路で使用する同軸ケーブルは、通常のリード線より硬いので引き回しをしやすいように引き出す方向などをケアすることが品質向上に繋がります。


筐体の配置上の都合や、回路の状況によりプリント基板の内部にコネクタを配置する必要がある場合は、コネクタ周辺の部品の状況をよく確認した上でコネクタの向き、位置、および他の部品の配置を決定します。コネクタにケーブルを繋いだ際に他の部品に干渉したり、ケーブルを急に曲げるような配置をしない様、配慮して配置致します。






基板内に配置するRFコネクタはケーブルの引き回しに注意する
RFパターンに対するレジスト剥離時の部品実装対策
RFパターンに対するリファレンスプレーンの優位性
RF回路に対する部品の放熱対策


    RFパターンに対するレジスト剥離時の
部品実装対策
  Copyright © 2013 System products co., ltd. All rights reserved. This site is an administrator Adart. link. Page Top
高周波基板.comは株式会社システム・プロダクツが運営する高周波基板を設計・開発する技術者様のための技術情報サイトです。